着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て直し事例

着物仕立て直し

色無地の仕立て直し

色無地着物とは、柄の無い無地の着物の事をいいます。(この色無地は特別です。上前と後裾に字が描かれています。)色無地に家紋を紋入れすると訪問着や付下げと同じ格式になります。紋を入れなければ、略礼装や普段着として着用できます。黒い帯をすれば、略式の喪服となります。色無地は用途の広い着物です。この色無地は洗い張りをして仕立て直しました。寸法は元裁ち切り丈で新しい希望寸法に出来ました。しかし、最近の傾向として、掛け衿丈が長くなり、以前は上がり丈が1尺1〜2寸でしたが、それが1寸3寸くらいになってきました。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25