着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て直し事例

着物仕立て直し

訪問着を被布衿コートに仕立て直し

元は仕立て上がりの訪問着でした。それを被布衿コートに仕立て直しました。着物染み抜き専科で、訪問着を解き、羽縫いをして、着物を反物に戻し、洗い張り(今回は金彩が剥がれないように洗いました。)、そして、仕立てで付いたスジを湯のしで消してから、伊藤和裁で仕立て直しています。
この訪問着の柄を生かし、コートの丈、身巾に考慮し、後、前身頃とたて衿の柄が流れる様に組み合わせています。元袖はそのまま使い袖丈は着物より詰めます。被布衿は残った布から、小衿を取り、外周りを縫い合わせ、本体に取り付けます。共布でひも飾りを作り、アクセントにしています。布でふっくらと細いループのひもを作り、小花にします。そして、中央に共布でくるみボタンを作ります。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25