着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て直し事例

着物仕立て直し

総絞り着物胴接ぎ仕立て

お母さんの着物をお客様のサイズに仕立て直しました。胴接ぎ仕立てといいます。元の着物の着丈が短い場合、この様にして仕立て直せます。物を大切にする日本人の知恵ですね。
洗い張りからのご注文でしたので、着物を全て解いて、一度湯のしをして、生地の折り目を取り、こうする事で汚れも見つけ易くなり、絞りの風合いも損なわない様に気を付けながら、着物を洗いました。その後、もう一度、湯のしをしてから、仕立てに掛ります。
胴を接ぐ生地は着物の縫い代や残り布などを使用します。これらが無い場合は、まったく違う生地を使って仕立てます。今回は後身頃だけを足し布をして、仕立て直しをしております。仕立て上げた後、着用しても見えないところに足し布をするのが原則です。後身頃なら、着用時、帯の下になるので見えないです。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25