着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て直し事例

着物仕立て直し

着物の裾の擦り切れ

お着物をよく着られる方は、そのお着物の裾が擦り切れてしまいます。
直す方法のひとつはこの裏地の八掛けを新しい物と取り替える方法です。
八掛け 衽八 掛け 袖口 衿先、全てを取り外し同じ丈巾で仕立て直します。八掛けの色を替えると雰囲気が変わり、気分も新たに着用して頂けると思います。二つ目は今、付いている八掛けをそのまま使う方法です。今回の直した方法です。裾のヤブレ部分を切り落とします。そうすると八掛けが短くなるので、胴裏とのハギの位置で不足丈分を縫い出します。(胴裏のハギ代が少ない時は胴裏に足し布をする事もあります。)着物の裾の擦り切れが綺麗に出来上がっています。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25