着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て直し事例

着物仕立て直し

残り布をポンチョに

『残布で何か作ってほしい』とリピーターのお客様から依頼を受けました。
タテ絞り地の残り布と長襦袢地の残り布を使って、ポンチョを仕立てました。
着物染み抜き専科で絞り地を湯のしをして布巾を7分ほど巾出し、仕立てれるサイズの生地に加工しました。裏地用の長襦袢地の柄が細かい市松文様でしたので、衿と袖付けには、この柄を活かす為にトリミング風に表からアクセントとして見える様にしています。結び紐を少し長めに作り、結びの根付けは可愛らしくループの飾り紐を作りました。裏から見た写真ですが(2枚目の写真)、長襦袢の用尺が足らなかったので、裾は他の布で足し布をしました。残布を全て使い、ポンチョを仕立てました。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25