着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て直し事例

着物仕立て直し

付下げの胴裏取り替え

お客様のお気に入りの付下げ着物です。胴裏取り替えの仕事を頂きました。
胴裏取り替えは表地は解かずにそのままで、裏地の胴裏や、八掛けだけを取り替える仕立て直しです。古くなりすぎた着物には、この方法はおススメしません。と言うのは時間が経ち過ぎていると表地が縮んだり、表地全体のつり合いが悪く、新調の裏地を縫い合わせても、綺麗に仕立て上がらないからです。時間が経ち過ぎた着物は表地も解いて、湯のしをして一から仕立て直す事をお勧めします。
話を戻します。今回はそんなに時間が経っていなかったので、袖口布、衿先布、八掛けも今付いているものを使用しています。 表地の仕上がり丈は、身丈、袖丈、袖巾に合わせて仕立て直します。その時に写真の様に八掛けの裾辺りがたるみ、表地と裏地のつり合いが悪くなってしまいますが、これも綺麗になる様に直します。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25