着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て直し事例

着物仕立て直し

八掛け・胴裏、仕立て直し

タンスに終い込んでいた着物です。20代の時に時々着ていたこの紬着物の裏地(八掛け・胴裏)を仕立て直して欲しいとお問い合わせを頂きました。
当時の胴裏は20年以上も経つと写真の様に茶色く変色してしまいます。赤い八掛けも、やはり今、着ると派手に思われたのでしょう。八掛けの見本帳から色んな色を見ていただき、十種類ある茶系の中から落ち着いた香色(こういろ)の無地の八掛けを選んで頂き仕立て直しました。着物の保存状態もかなり良く、目立つカビやシミは検品をしましたけれどありませんでした。裏地の事ですのでこのまま着ても、裏地が見えることもないので、おかしくはないと思うのですが、仕立て上げて見ると(写真右上)やはり、新品の仕立て上がった着物のようですね。スッキリと気持ち良く着用できます。

 

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25