着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て直し事例

着物仕立て直し

男物を女物アンサンブルに仕立て直し

『お父さんの大島紬の羽織と着物を私のサイズの着物とコートに仕立て直せますか?』とインターネットで問い合わせ、仕立て直しの注文を頂きました。
仕立ての工程は、まず、男物の羽織と着物を全て解いて洗い張りとスジ消し・湯のしをして、大島紬の生地をキレイにします。そして、男物の羽織を女物のコートに仕立て直しました。男物の袖は女物の袖に使用し、男物の身頃は女物の身頃同士、使用し仕立てます。女物のコートの衿の部分の竪衿は男物の羽織の衿を使用します。コートの丈の長さは羽織の返りが十分にありますし、肩裏を十分長く取れれは、お客様のお好みのいろんなコートの丈の長さに変えれます。着物の着丈についてですが、男物の着物には女物の着物の様にお端折はありません。男物の腰の内揚げを全て使って、女物の希望寸法(自分サイズ)の着丈を出します。もしも、女物着物の身丈が足らない場合は、着物を着た時に帯で隠れるところに足し布をして身丈を出します。今回ならば身八つ口止まりから1寸下の内揚げの位置の共布を着物に継いで、帯の下に入る様に丈を補います。羽織にも、共布が無い場合は、全然違う布をお端折の中に入るように接いで仕立て直します。ご自宅のタンスにあるお父様の男物大島アンサンブルをご本人のサイズの女物大島アンサンブル(上着はコート)に仕立て直しました。

 

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25