着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て事例

着物仕立て着物仕立て事例一覧

結城紬着物の仕立て

結城紬着物は茨城県結城市、栃木県小山市を中心に鬼怒川沿い一帯で昔から織られています。
撚りをかけない手紡ぎ糸で手織りした生地は柔らかく、着れば着るほど味が出てくるのが結城紬です。
昔は、無地か縞柄でしたが明治の頃には、十字絣や亀甲絣が生まれ、現在は多彩な色使いも多いようです。
この写真の結城紬も反物の半分を雪輪と萩模様で織られています。八掛けは、紫色を選ばれたお客様のセンスの良さが伺えます。 上品な色、柄ですので、背で、萩の柄と雪輪をぶつけて、追い裁ちに仕立てました。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25