着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て事例

着物仕立て着物仕立て事例一覧

お誂え浴衣の仕立て

以前は、夏の普段着、湯上がりに着ていた浴衣です。
生地は木綿が殆どです。今では、夏のイベントに大変多くの方々が着られています。
その殆どが、海外縫製、それもミシン仕立てです。浴衣も国内の手縫い仕立てにし、柄合わせをちゃんとすれば、着姿が大変美しくなります。着物を知り尽くしている日本人が、仕立てる浴衣はやはり、良いと思います。仕立て上がりの浴衣に気に入ったものが無い、浴衣の仕立てにこだわってみたいと思われる方は、一度私どもにお問い合わせ下さい。なにかしら、アドバイスが出来るかも知れません。
仕立てについてですが、着物と浴衣は、形、縫い方は同じです。今回の浴衣の仕立ては、柄の流れの方向、花と縞をうまく組み合わせて、綺麗に仕立て上がっています。浴衣は木綿仕立て、背縫いは二度縫い、脇、衽、袖の仕末は耳グケにする。衿下、裾は三つ折りグケ、つま先は額にします。衿はバチ衿、共衿束付けと共衿別付けの方法があります。
着物染み抜き専科で作業した、色止めと湯のしの作業の写真も載せておきます。 ご覧下さい。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25