着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て事例

着物仕立て着物仕立て事例一覧

豪華な古典柄の振袖の仕立て

豪華な総柄の振袖を仕立てました。京友禅は染めだけではなく、いろんな職人たちの手によって、金再加工や刺繍、時には部分的に絞り技法も取り入れて、絢爛豪華に完成します。この総柄の振袖は、裾八掛け、袖の振り布までが、続き柄の見事な振袖です。この京友禅も染めをさらに豪華に見せるために箔置きや刺繍がされて、一段と華やかさを増しています。仕立てる方も、まず、お客様の寸法に合わせ、絵柄を合わせていきます。どうしても、希望寸法で柄が合わない時は、脇の柄で操作することでなりますが、今回の振袖の脇は細かい柄がなく、三色の流れで合わすことが出来ました。衿は掛け衿と衿先の柄が合うので、まず、掛け衿の柄を合わせ、衿先の柄を合わせた地衿は掛け衿の中でつまんでいます。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25