着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て事例

着物仕立て着物仕立て事例一覧

追い掛け柄合わせの結城紬の仕立て

茨城県の結城紬の名の入ったもので、細い糸を使い、軽くて柔らかく高級な織物です。
この布で袷着物を仕立てました。落ち着いた紫と墨黒の縦縞に葉模様を配し、品のある織物です。この雰囲気を壊さない様に柄を袖、身頃と横に並べた柄合わせにしました。衽を紫に衿を墨黒の方にするとキリッと締まって、顔写りが良いと思います。八掛けは、縮緬用、紬用の二種類でそれぞれの特徴があります。今回は紬用を使いました。表布地の色と似たものを用い、違和感のない仕上がりになったと思います。八掛けは、裏地なので仕上がれば、余り見えませんが、色合いによっては、着姿も随分と違ったものになります。もう一つの裏地、胴裏は今回は白で正絹ですが、胴裏を好みの色に染めて使う方もおられます。染めは着物染み抜き専科で、お受けしております。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25