着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て事例

着物仕立て着物仕立て事例一覧

お仕立て事例 - 女物紬アンサンブル

落ち着いた色合いの着物と羽織を仕立てました。裏地の八掛けは同系色で、羽織の裏地は白地に竹、グレーの濃淡で、全ての色がトータルされていて、お洒落に着こなせそうです。羽織を脱いだ時に裏地が目立ちます。色柄も大切です。実用面では滑りの良い脱ぎ、着のしやすい羽二重や平綸子等の生地が良いかと思います。
仕立てについてですが、着物の衿は広衿(3寸)に仕上げ、肩回りを半分に掛け、衿のところで1寸ぐらい折り曲げ、衿元をふっくらした感じで着る場合と今回のお客様の様にバチ衿(衿巾を肩回りで1寸5分、衿先で2寸)に仕立て着易い様にされています。羽織丈も8〜9分丈にして、今の流行りに仕立てています。羽織の寸法は(着物に準じて)、肩明き、くり越しは着物衿の外側に添って着るので少し大きく、袖丈は短く、袖巾は少し長く、着物の袖が出ない様にします。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25