着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て事例

着物仕立て着物仕立て事例一覧

お仕立て事例 - 紗合わせ着物の仕立て

薄手の着物2枚分を重ね合わせ1枚の長着に仕立てたものを紗合わせ、あるいは二重紗といいます。
重ねる布の重ね方で、紗と絽、絽と絽、紗と紗があります。2枚の布が重なって出来る紗紋様の美しさや薄物を通して、2枚目の絵柄が透けて見えるのを楽しむ着物です。
着用の時期は袷と単衣の間に着用する贅沢な着物です。
仕立て方は色々ありますが、かなりの仕立ての技術が必要です。今回の紗合わせは裾に柄があり、衽付け線で前身頃との柄が繋がる様に合わせ、表(上着)から見ても、裏(下着)から見てもひとつの絵柄になっています。
仕立てのポイ ントは背縫いは背伏を付け、脇は4枚付けで縫い代を折り返して開らく、衽は3枚つけで下着をのせて、とじ付け、それぞれの縫い代を半分に折り絎けます。口、振り、衿下、裾は3つ折りにし、絎けます。衿は共掛けにします。(別掛けにすると各縫い代の色合いより、濃くなるので注意が必要です。)表衿付け後、裏衿を付けます。各縫い代の始末で絎け目が(糸)表に出ない様にし、縫い代は上着と下着の色合いが違うので、慎重に選び、上着と下着の添い加減にダブりが出ない様に注意します。全ての縫いに細心の気配りをして、紗合わせの仕立ての出来上がりです。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25