着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

羽織お仕立て事例

着物仕立て羽織仕立て事例一覧

縞模様の羽織

鰹ボカシの縞文様の羽織を仕立てました。
濃い色から薄い色へと変化をつけた縞模様です。江戸時代には浴衣の柄としても好んで使われ仕立てられました。濃い紫色の部分にインパクトがあります。最初に柄合わせで考えるのは衿に出る色をどの色にするかです。今回は衿に薄い紫色を使用して、ぶっつけと言う柄合わせの仕立て方で仕立て上げました。前身頃衿付け部分に濃い紫色が出るように背柄は左右の後身頃、同色濃い部分でまとめました。脇の部分に淡い色が出ますので上下左右、どの方向から見られても、濃い紫色の縞模様がポイントになって粋な羽織に仕立て上りました。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25