着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

羽織お仕立て事例

着物仕立て羽織仕立て事例一覧

格子文様の羽織

東京のリピーター様からの依頼です。小紋着物にも仕立てられる着尺用の生地です。
この反物でロングコートの羽織を仕立てました。生地は古代縮緬織り、地色は減紫色(けしむらさきいろ)古代伊勢型の型染め後染めの格子文様です。
仕立て方は、羽織を羽織った時に着姿がスマートに見える様に、この格子柄の文様を左右両後身頃の背縫い・身頃と袖をつなぐ袖付け・衿の折り返し、全て、格子の柄を綺麗に合わせ仕立てております。着物の袖丈が1尺3寸なので羽織の袖丈は1尺2寸7分で仕立てました。そして、羽織のヒモ付けの位置は、9寸5分ぐらいにしております。ふくよかな方はヒモ付けの位置を1寸ほど下げても良いと思います。
この羽織に合う着物は格子柄を生かすために控えめの色目、飛び柄の大きいものは避けた方が良いのではないでしょうか。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25