着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て直し事例

着物仕立て直し

小紋の八掛け取り替え

若い頃、着用されていた花柄の小紋の八掛けを無地のオレンジの八掛けから、若草色のボカシの八掛けに取り替えました。
八掛け取り替えは、簡単に出来る様に思われがちですが、結構、手間の掛かる作業です。このお着物は比較的、綺麗にお仕立てされたものしたが、少し昔のお着物ですと丈袋や巾袋などが入っているもの、表衿と裏衿で身頃をはさんで一工程で縫い上げてしまっているお仕立てでは苦労します。
まず、色々なところを採寸し、八掛けを外し、新しい八掛けを縫い、裾合わせ、ハギ縫い、中とじと縫い進め、この時、元の胴裏のつり合いなども直しながら、仕上げていきます。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25