着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

羽織お仕立て事例

着物仕立て羽織仕立て事例一覧

格子の地模様の羽織

格子の地模様に八重梅や、花の丸を散りばめた小紋柄の生地を羽織に仕立てました。
絵柄の配置に注意をし、柄同士がぶつからない様に、そして、上前胸、後身頃に目立つ柄を そして 袖 衿の柄がバランス良く流れるように裁ち合わせます。着物寸法を基準に、袖巾を広く、袖丈は短くします。袖口は毛抜き合わせにし、肩明きも広く、多くします。乳下がりは着物を着た時に羽織紐が帯揚げと帯締めの間が美しいと思います。羽織の裾が開かない様に、衿付位置を肩明きの縫い代を裾の縫い代を多めに取り、裾すぼまりになる様にします。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25