着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

羽織お仕立て事例

着物仕立て羽織仕立て事例一覧

大柄小紋地の羽織

着尺用の小紋地の反物を羽織に仕立てました。紺色の地色に大柄の双葉葵の植物文様です。生地が縮緬地で縮み易いのでガード加工を着物染み抜き専科で施し、縮みにくくしてあります。
お客様のご希望は流行の七分丈のロング丈です。お客様の身長は160cm、まずは柄合わせについて考えます。反物の柄付けが大柄の飛び柄でこれだけでも柄が重く感じます。柄粋は低くならないよう(低くなるとより重く感じます。)ポイントをなるべく上の方に持ってくる様にしてあります。帯の高さに柄を集め、すっきりと見える様に仕立てています。縮緬の厚みのある生地ですので衿の裾がきちんと返る様に畳み方を工夫しています。また、ロング丈ですので、裾が前に寄って来ない様に後巾、前巾を規定寸法より、控えて、仕立てました。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25