着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

羽織お仕立て事例

着物仕立て羽織仕立て事例一覧

羽織丈、3尺の絵羽柄の長羽織

絵羽織を仕立てました。素晴らしい絵柄の羽織です。
裏地には源氏香文様の肩裏を使いました。表地の羽織は鰹ボカシで表現した上前と右前袖の絵羽柄、それが後身頃から裾まで続いています。かなり手の込んだ仕事です。やはり、仕立てをする時もこれだけの絵柄(背縫い・脇・マチ)を合わせるのに細心の注意を払います。
今回の絵羽織は左脇が縦にボカシ染めがしてありますので、右脇のボカシが、合うように肩の位置を決めてから背の柄を合わせて仕立てました。羽織の紐を付ける処を乳といいます。普通の丈の場合は肩から9寸〜9寸5分くらいにしますが、長羽織なので紐の位置はバランス良く考えて付けています。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25