着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

羽織お仕立て事例

着物仕立て羽織仕立て事例一覧

本手染め 江戸本更紗の羽織

小紋着物地を使って、羽織丈、肩から2尺6寸5分の羽織に仕立てました。
当たり前のことですが、羽織の袖丈は着物より短くします。肩明きやくりこしは着物より、少し大きくします。前下がりを付け、衿は裾まで付きます。羽織の前身頃と後身頃の間にマチを付け、裾巾を補います。裁ち合わせをする際には、左右身頃と衿の柄が横に並ばない様にバランスを考えてします。着姿が綺麗に写る様に心配りをしながら仕立てます。
最近の傾向として(現在2013年09月30日) 羽織丈を長くして着られています。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25