着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

羽織お仕立て事例

着物仕立て羽織仕立て事例一覧

ぼかし入り羽織

羽尺地の反物は、生地の一方の反端に濃い縞柄(しまがら)と、もう一方の反端から、濃い色から薄い色のボカシが入った鰹(かつお)ボカシと言う染めです。
鰹ぼかしの由来は、魚の鰹の体色が背中からお腹にかけてだんだん薄くなっているように濃い色から薄い色へ変化をつけています。そこから名づけられました。
仕立て方は柄付けを変えることで羽織り全体の雰囲気が変えれます。

今回は、
左の袖口側、左身頃の脇、
右身頃の背、右の袖付側と 『追いかけ』と言う柄合わせで仕立てました。
衿に薄い方のボカシを持ってきているので、どんなお着物を着ても羽織が邪魔することなく、違和感の無い仕立て上がりになっています。

 

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25