着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

羽織お仕立て事例

着物仕立て羽織仕立て事例一覧

無地の羽織

生地に二越縮緬(ちりめん)を使用しています。生地の風合いはどっしりとした感じですね。柄は無くグレー系に染めた生地を羽織りに仕立てました。
柄が無いので柄粋の説明は出来ませんが^^羽織りについて、ほんの少し説明しますと、江戸時代中期に武士の旅行用として、紋付の羽織りが普及し、一般の民衆も男性用の外衣をしても着られるようになります。
羽織りを一般女性が着るようになったのは明治になってからと伝えられています。 羽織りの丈の長さは、その時代で長くなったり、短くなったり、流行があります。
最近は、丈の長い長羽織が、また、流行り出しています。

 

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25