着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て事例

着物仕立て着物コート仕立て事例一覧

着物お仕立て - 被布衿コート

縞柄の大島紬地で被布衿のコートを仕立てました。被布とは羽織に似せた外着です。江戸時代後期から茶人や俳人などに好んで用いられ始め、その後、当時の女性に広がり、明治以降は女性用のコートとして今日に至ります。ドラマ大奥で部屋着として良く出て来ましたが、当時はエアコンなど当然無く室内でも着用されていました。NHK大河ドラマの『篤姫』では、被布衿型のポンチョの仕立ての注文をたくさん頂きました。
今回の被布衿コートは単衣でロング仕立ての注文です。このコートの特徴は竪衿の上部を丸くカットした形で、これを落ち着かせる為に芯を付けています。単衣仕立ての為、衿の縫い代の始末に苦労しました。洋裁式に衿の縫い代をバイヤスで包み、身頃にしつけをしています。

 

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25