着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て直し事例

着物仕立て直し

お母さんの羽織を袖巾足し布仕立て

黒地に、裾模様の仕立て上がりの絵羽織です。羽織丈を二寸、裄寸法を一寸長くのご希望です。
まず、解いて湯のしをして脇の筋消しの後、仕立てに掛かります。羽織丈を伸ばす時、まず、衿先の縫い代がどのくらいあるのか調べます。この羽織の場合、三寸ほどの縫い代がありましたので、伸ばす事が出来ました。
次に肩裏とのハギ代が有るか、無いかを調べます。二寸伸ばす時は、表と裏分で、四寸の縫い代が必要になります。これも、多くハギ代が残っていたのでクリアーしました。
次に裄ですが、袖巾一杯で縫ってあったので、袖巾に足し布をすることになります。この羽織は反物の巾一杯で、折ってあったので、足し布にすることが出来ました。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25