着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て直し事例

着物仕立て直し

振袖を訪問着に仕立て直し

成人式で着用された振袖の袖丈を短くして、訪問着にする仕立て直しのご依頼です。
袖を短くする場合、2通りの方法があります。一つは、そのままの袖付け、袖口を使い、丈だけ、袖底の縫い代を残し、後を切ってしまい仕立てる方法です。
もう一つは、袖を外し、解き、柄を短く袖に合うように決め、袖を仕立て直します。
今回の振袖の場合、柄が少なく、袖をそのままの状態で、切ってしまうと袖が無地と言う事になりますので、柄を上に揚げ、袖を縫い替えました。長襦袢の袖は、そのまま切って短くしました。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25