着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て直し事例

着物仕立て直し

紬訪問着を名古屋帯に仕立て直し

今まで着用していた紬の訪問着を名古屋帯に仕立て直してほしいと依頼を受けました。
袷のお着物は、十分にそのまま着用出来ますし、地色が白っぽいので単衣にお仕立て直しされても似合うと思います。
名古屋帯の場合、標準で垂れに110センチ、胴回りに220センチぐらい必要になります。
この訪問着からは、垂れは前身頃の柄を使いました。柄の上をお太鼓の山とし、垂れ先は無地になるように中ではいでいます。胴回りは、柄が前にくる様にはぎ目が着用時に見えない様に計算しています。前の柄は、垂れと胴の境から、胴回りの半分のところに持ってきます。 この時の胴回りとは、ウエストのことではなく着物の着た時の胴回りです。
帯として織られた物は、ちゃんと位置が決まっているので、問題ないのですが、着物や羽織からの帯へのリメイクは、この胴回りが必要になります。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25