着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て直し事例

着物仕立て直し

羽織を道行コートに仕立て直し

植物文様の地模様の一つ紋入り黒羽織の紋を消して、道行コートに仕立て直しのご依頼です。
羽織丈が、2尺でしたが、コート丈を出来るだけ長くしてほしいとのご希望もあり、肩裏を長尺ものに新調して仕立てました。まずは仕立て上がりの羽織を全て解いて、湯のしをします。羽織は前下がりのところを三角に縫い込んでいますので斜めの線が二本残ります。それを筋消しします。古いもの、生地が薄いものですと筋が残る場合があります。羽織の衿は、竪衿とポケット布になります。小衿は2尺と前竪衿の上に5寸が必要になりますが、今回の羽織の場合、マチ布が2枚でしたので、小衿をはいで仕立ててあります。(上二段の写真が仕立てる前の羽織、三、四段目が完成品の道行衿コートです。)

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25