着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て直し事例

着物仕立て直し

袷の付下げ着物を単衣に仕立て直し

付下げ袷着物を単衣着物に仕立て直しました。
仕立て直しの方法としては二つあります。一つは元の着物が汚れていたら、染み抜き、または全ての縫いを解いて洗うと綺麗になります。そして、一枚の反物からの再仕立てで単衣着物に仕上げます。二つ目は元の縫いを利用します。八掛け、胴裏を取り外します。(表地のみにします。)表地の縫いは解かずにそのまま、そして、背縫い代に背伏を付けます。打ち上げ、脇、衽、の縫いを仕末し、衿下と衽、前身頃、後身頃の裾を直し、衿裏を取り付け、広衿にします。衿裏は表の生地の種類によって異なります。袖は袖口から底、振り側まで、表裏地を一緒に縫ってるので、全て解き仕立て直します。袖口をくけ、振り側もくけます。そして、身頃に縫い付けます。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25