着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て直し事例

着物仕立て直し

仕立て上がり着物の裾直し

着物を着る機会が多く、表地は綺麗なのに八掛けのフキ辺りが擦り切れてしまい、困っておられる方、八掛けを新しいものに変える方法もありますが、今回は裾のみの破れで、他はきれいなので破れた部分を切り落とし、着物を直しをしました。
八掛けの破れたところを切り落とします。そして、裾の表地と八掛けを縫い合わせ、フキを作ります。切った寸法分、身丈がみじかくなるので、八掛けと胴裏のハギ位置を縫い出します。参考までに、八掛けの裾切れ予防として、裾の裏側にテープ【布】を貼って補強する方法もあります。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25