着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て直し事例

着物仕立て直し

訪問着を羽織に仕立て直し

派手になって着難くなった着物をアレンジして、着物を楽しむ。今回は附下訪問着を羽織にしてみました。着物の後身頃の裾模様を最大限に、どのように綺麗に見せて仕立て直すかを考えてみます。
通常、背中の模様を生かし、後身頃から希望の羽織丈を取り、上前胸辺りの柄がどこにくるかを見積もって、前後の身頃の柄の配置がベストになる様に肩山、裾線を決め、丈を確認します。左右の袖は表地の柄位置が良いので、そのまま使いました。羽織の衿の長さは、羽織丈+肩回り寸法+前下がり寸法+裾縫い代が必要です。着物の衿が使えそうなら、使います。足らない場合は工夫が必要になります。
どうでしょうか?この世に一枚だけの誰も持っていない羽織です。素敵な羽織に生まれ変わりました。
娘さんや、お弟子さん、お友達などのプレゼ ントに如何でしょうか。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25