着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て直し事例

着物仕立て直し

紋入れ替えと仕立て直し

知り合いの方から頂いた黒留袖です。お客様のサイズに仕立て直します。
まずは黒留袖を全て解いて、水で洗います。洗い張りですね。水で生地を甦らせます。着物についた汚れやシミ、仕立てで付いたスジやヘラ後を湯のしも含めて、生地全体を綺麗にします。
次に家紋は『三ツ銀杏』から、お客様の家紋『中輪に木瓜』に紋入れ替えをします。洗い張り、湯のし、紋入れ替えは『着物染み抜き専科』でしております。仕立ては胴裏、比翼を私どもで用意をして、新しいものを使っております。裾の絵羽柄を合わせると希望寸法より狭くなりました。その為、裾の柄は合わせて、腰では身巾がほしいので、脇で後巾、前巾を広くしました。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25