着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て直し事例

着物仕立て直し

羽織の裄丈サイズ直し

羽織の裄直しをしました。
色無地着物の上に小紋の羽織を羽織るとお洒落な装いになり、小紋着物に紋付き羽織を羽織ると略礼装になり、羽織の種類によって、着姿を楽しみ事が出来ます。裄直しの方法ですが、袖を取り外し、袖口はそのままで巾のみ縫い直します。肩巾を希望巾に計り、袖を縫いつけます。肩裏とマチのハギ合わせ、次にそのあたりから、マチを解き、衿は表裏とも同じ位置に解きます。身頃を希望丈に取り直し、残り(返し丈)を裏に折り返し、肩裏をつなぎ直します。マチも同じ要領でつなぎ直します。(この時に表身巾、表マチ巾と裏の巾を合わさないと巾袋になります。)そして、次にマチの中とじをします。新しい丈に衿を縫いつけます。裾先作り、裏ぐけできれいに納めます。羽織の裄直し、丈直し、両方の場合はかなり手間が掛ります。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25