着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て直し事例

着物仕立て直し

格子の着物を道中着に

私どもの仕立て直しのページを見て、『着物を道中着に料金はいくら掛りますか?』とお問い合わせを頂きました。
まずは洗い張り代が掛ります。洗い張りでシミがを取れると思われているお客さまもいらっしゃいますが、全てのシミや汚れは洗い張りでは取れません。なので、染み抜きが必要な場合は染み抜き代が掛ります。一度も着ていない着物で生地の状態が良ければ、解き湯のし代だけで済む場合もあります。
それと道中着の仕立て代です。裏地をそのまま使用するのであれば、裏地代は掛りませんが、新品と取り換えるのであれば、裏地代が発生します。
大まかに言いますとこの様になります。お客様に納得して頂き、単衣道中着の仕立て直しをしました。
着物染み抜き専科』で着物の状態が良かったので、洗い張りはせず、本解き湯のしをして、生地に付いた仕立てたスジを綺麗に取り、シワを伸ばし、縦糸と横糸を均等にして布巾を整えました。
仕立てについてですが、単衣仕立てですので、着用時に着物との添いが合うように肩すべりをつけて仕立てています。
道中着の良いところは、広衿ですのでお客様の体型に合わせて、衿巾が調節出来ます。
抱き巾の広い方は少し衿を折って、抱き巾の狭い方は多めに折って工夫して着こなす事が出来ます。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25