着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て直し事例

着物仕立て直し

色無地染め仕立て直し

電話で『祖母が着ていた色無地を染め直しして、仕立てててほしい』とお問い合わせを頂き、後日、私どもの店に持ち込んで来られました。
洗柿色の色無地です。生地の地模様には有職文様の七宝が織り込まれいます。大変高価なお着物です。背中に一つ縫い紋、同色濃い目の糸で(変わり竜胆車)が入っています。
この着物を『着物染み抜き専科』で解き羽縫い、洗い張り、染み抜き、縫い紋解き、染め直し、その後、再び、縫い紋入れ、(縫い方は線須賀縫い、糸色は同色)をし、ガード加工をしています。
染め直しの選ばれた色目が勿忘草色とはお客様の思いが伝わります。
再加工品の仕立て直しですので、新品とは違い、両袖、両身頃、衿、衽と既に裁ちをされています。
元の形と生地の傷みを考えて、身頃の前後、袖の袖口、袖付け、衽の上前、下前、上下も考えて、出来る限り、新しく、綺麗になる様に工夫して、仕立て上げました。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25