着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て直し事例

着物仕立て直し

色無地着物を全部解いて仕立て直し

お客様からお問い合わせ頂いのは『着物の裏地が黄ばんでいるので、取り替えてほしい』との要望でした。しかし、拝見しますと表地が伸び縮みする厄介な生地です。裏地だけを取り替えても表地と裏地のバランス、裏地同士の添いの善し悪しなど、部分的に直しても綺麗に仕立て上がらなさそうです。なので、お客様と相談し、一から仕立て直すことになりました。
まず、着物を解く前にこの着物の寸法を測っておきます。そして、着物染み抜き専科で、着物を全て解いて、表地と八掛けを水に通し、生地を一旦、縮めてます。次に湯のしをする時にはあまり布巾を広げず、縦糸と横糸を整えてから新しい胴裏を使って仕立てました。
仕立てる前は衿はバチ衿でしたが、仕立て直し後は広衿仕立てにしています。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25