着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て直し事例

着物仕立て直し

長襦袢地を裾よけと袖に

お婆様やお母様の譲り受けた着物、アンティークショップやリサイクル店で買った着物の袖丈が短く今、持っているご自分の長襦袢の袖丈が合わないことがよくあります。そんな時の為に長襦袢地1反分で左右両袖を3組と裾よけを作っていると便利に使えます。
袖は単衣用も無双用も袖丈を1尺3寸用にしています。袖は着物の袖裏に縫い付けるか、マジックテープで取り外しが出来るようにします。(汚れの取れない着なくなった長襦袢の汚れていない部分を使って仕立て直した薄物着物用の絽の袖とお洒落着用の無双袖の2組も載せておきます。)市販で肌襦袢に袖だけを付けたものがあり、試された方もおられると思いますが肩巾が合わない為、振りが大きく出てきて嫌な思いをした方もおられると思います。
こんな事でお困りの方は、どうぞ一度、お問い合わせください。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25