着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て直し事例

着物仕立て直し

長襦袢の衿と胴裏の仕立て直し

古い長襦袢も、少し手を加える(仕立て直す)ことによって、新品の長襦袢の様に蘇ります。
着物染み抜き専科にお電話でのお問い合わせ頂いた長襦袢です。
タンスから出された衿や裏地についた古い染みをお客様はクリーニングしたら、染み抜きしたら、白く綺麗になると思われて、お問い合わせ頂きます。しかし、実際は古い染みは白く綺麗には取れません。こんな場合は長襦袢衿や胴裏を新しい物で仕立て直しをする事で、古い長襦袢を綺麗に直します。今回は衿や裏地を取り替えるだけではなく、袖丈が長く、衿も通し衿の婚礼用に仕立て上っている、この長襦袢を袖丈を短く直して、体型を選ばない、とても着易い、別衿仕立てに仕立て直しました。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 


←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25