着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て直し事例

着物仕立て直し

女物作務衣上下に仕立て直し

『仕立て上がった紬の着物を女物作務衣に仕立て直せますか?』とインターネットのお客様です。相談を受けました。紬の着物を見せて頂くと大変、保存状態が良く、洗い張りはする必要がなく、着物を解いて解き湯のしとスジ消しをして、作務衣上下の仕立てに掛かりました。作務衣の上着(うわっぱり)の袖は仕事をする時に邪魔にならない様に筒袖にしています。着丈もお尻から少し上ぐらいにして仕上げています。上前にはちょっとした小物が入るポケットを付けました。上着とその下に着るものとが、沿うように上着にはオクミを付けず、前巾一杯に衿を付け、肩すべりも付けています。作務衣のズボン(もんぺ)は紬の着物を後2枚、前2枚の生地を4枚接ぎにして仕立てています。もんぺの股のところを仕立てるときは股上に補い布を三角にしてマチ布を入れてます。もんぺのウエストの部分にはゴムを入れて、(男物の場合は、前にファスナーを付けて仕立てます。)自由自在に操作出来るように仕立てています。

 

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25