着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て直し事例

着物仕立て直し

仕立て直し事例 - 着物裾直し

着物をお仕事で着用されてる方は着物の裾(すそ)の裏地(八掛け)部分が、破れてしまいます。

着物を着て、動き回ると着物の裾などが畳などに擦れたり、クリーニングに何回も出していると裏地がへたってきます。こんな仕立て直しも私たち和裁の仕事です。着物裾破れ直しなどと言います。

一から八掛けを一枚分、新しく付け替えるのではなく、この八掛けの破れてないところを使って、綺麗に直す方法です。(一から八掛けを取り替えると当然八掛けの料金がかかります。)

お仕事柄、着物を随時着ていると経費も掛かります。なので、お着物をよく着ている方は、こんな方法で着物に無駄な経費を省いています。
伊藤和裁と着物染み抜き専科は、そんな方たちを応援・お手入れのアドバイスをしております。

 

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25