着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て事例

着物仕立て着物仕立て事例一覧

京友禅の訪問着の仕立て

光沢のある生地に金彩や刺繍の入った京友禅の訪問着です。
左袖、前身頃左脇、後身頃右脇と柄が流れている中に花筏が素敵なお着物です。
この生地は、地模様があり、ビリつきが目立ちやすく、斜めに入った金線が融通が効かなく、仕立てに技術を要します。手描き友禅の場合は、模様を決めたら、白生地裁断し、繋がった模様が描き易い様に着物の形に仮仕立てをして、下絵を描いていきます。下絵が描かれた生地は『糸目置』といって、糊を細かい線で描き、染料が他の色と混じらない様にし、多色使いが可能になります。その後、いくつもの工程を何人もの職人さんの手を経て、一枚の友禅の着物になります。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25