着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て事例

着物仕立て着物仕立て事例一覧

総絞りの振袖を仕立てました。

流水と花柄を単色で、絞られた豪華な振袖です。
絞りは伸ばされた状態にゴースという薄い布を裏打ちされると良いでしょう。この裏打ちがされていない着物をお仕立てしてしまうと終い方にもよりますが、絞りが戻り、裏にたて袋、巾袋が入り、袋が多くなってしまうと着難い着物になってしまいます。仕立てる方も、裏打ちをしてあると表布と裏打ち布の2枚にヘラ付けをすることになるので、技術が要りますが、表布だけですと縫い上がりの寸法が伸びたり、縮んだり決まらず困ります。ですので、絞りの着物には、裏打ちされることをお勧めいたします。
この振袖は、流水や花も背、脇、前身頃もきれいに柄合せが出来ました。
この振袖は八掛けに特徴があります。共八掛けに衿先布から、衽、裾へ、と真丸く染め分けられていました。衿先と衽が上手く繋がるように高さを決めて仕立てました。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25