着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て事例

着物仕立て着物仕立て事例一覧

縮緬小紋の袷長着の仕立て

縮緬地に小さな柄を繰り返し型染めされた小紋です。
淡い青紫地にシンプルな柄は、お稽古事から掛け着として、重宝される一着です。帯合わせもし易い小紋です。八掛け地には、表の地に合わせた同色系濃いめのぼかしの八掛けを使っています。無地の八掛けにしてしまいますと胴裏とのハギ線が表から気になることがあります。このお客様の身長が高く、衿下も2尺2寸5分でしたので、衽八掛けの丈をいっぱいに取ってあります。ハギの位置が少し下がりました。衿先から4寸5分ほどがスッキリ見えます。縮緬は紬に比べ、縮みやすいので、反物の時に充分にアイロンで地のしをしてから、裁ち、標付けと進みます。縫いの時も縫い縮まない様にコテを当てる時も熱や湿り気で、縮ませない様に心掛けて、仕立てを行います。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25