着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て事例

着物仕立て着物仕立て事例一覧

シェルピンクの付下げの仕立て

付下げは一反の反物に身 頃、衿、衽、袖に裁ち分けるところに印を入れ、前身頃、衽、袖、衿元に柄を入れていきます。訪問着の場合は、白生地を裁断して、繋がった模様が描き易い様に着物の形に仮仕立てをし、柄の下絵を入れていきます。訪問着は共八掛けで、付下げは別八掛けを使う ことがほとんどで、一部に例外もあります。今回の付下げも、印通りに裁ち分け、お客様の希望寸法に出来上がるかを検討していきます。
今回のお客様は、身長が高く、細身の方ですので、脇の柄をつぶすことになりま した。器物文様の鏡裏が丸形から、少し変形になったのと自然文様の水が少し合っていませんが、ほとんど分からないと思います。後身頃は、右後肩の柄が衿肩明きにかからない様に少し内揚げをつまんで仕立て上げました。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25