着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て事例

着物仕立て着物仕立て事例一覧

白大島紬の仕立て

白大島紬は陶芸に使われる白工を水に溶かし、不純物や鉄分を沈殿させ、アルミ 質が残っている水で糸を染めます。これを何度か繰り返すうちに、糸が柔らかくなってきます。
織りには、緻密に柄を織っていくので、図案から完成まで半年以上掛かるものもあり、柄が細かいほど、高級になります。今回の白大島も、絵柄は幾何学模様もあれば、藤や撫子、蝶々の植物や昆虫文様など細かい絵柄です。
仕立てについてですが、裏地にぼかしの紬用の八掛けを使用しています。八掛けの色合いで、着物の 雰囲気が変わります。大島紬は、薄く柔らかいので、縫い易いように思われますが、安易に針を進める と仕上がりにビリ付きが残ります。それと表と裏を合わせる時、少し裏を緩めに合わさなければいけません。綺麗につり合って仕立て上げると着用後やしまい方によっては、表に袋が入ることがあり、どれほどのゆるみを入れるかは縫いての経験が必要になります。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25