着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て事例

着物仕立て着物仕立て事例一覧

お仕立て事例 - 白地草花文様の小紋

薄クリーム地に細い枝の花柄の素敵な縮緬の小紋を仕立てました。
表地が薄い色の付下げや小紋、紬はぼかしの八掛けと裏地としてつかします。
一色の八掛けを付ける場合、胴裏を八掛けのハギが表から、くっきり見え、裾だけ色が違うように見えます。その為、ほかし八掛けを使います。
八掛けは一丈二尺の白生地を裾、衽、袖口、衿先布になるところを色付けしてあります。八掛けの色によっては、着物が素敵に見えたり、素敵に見えなかったりと重要な役割をしています。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例-->|次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25