着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て事例

着物仕立て着物仕立て事例一覧

お仕立て事例 - 結城紬の仕立て

結城紬の特徴は真綿を紡いで織り作った着物で先染め物です。結城紬の起源は古く、奈良時代までさかのぼります。その名も最初は『長幡部のあしぎぬ』『常陸紬』『結城紬』と変わり、今は結城紬と定着しました。元々は男子着物で武士達が好んで着ていました。
今回の着物の仕立ては女物結城紬で、現代人らしく、裄丈が1尺7寸8分で、肩幅と袖幅の差が1寸にもなり、仕立て難い寸法でした。柄合わせは難しくなく、追いかけで合わせています。この着物はキッチリと仕立てると着用後、裏地が縮む場合があるので裏地を少しだけ緩みを持たせて仕立て上げています。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25