着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て事例

着物仕立て着物仕立て事例一覧

お仕立て事例 - 振袖の仕立て

振袖は、身頃と袖の縫い付け部分を少なくして振りを作った袖を持つ着物です。
黒留袖、色留袖、訪問着に相当する格式の礼服です。成人式や結婚式の披露宴で着用される機会が多いです。振りとは『振り八つ口』とも呼ばれ、身頃に近い方の袖端を縫い付けず、 開口している部位のことを示します。
現代の振袖の特徴は、振りがあり、且つ、袖丈が長いことです。袖丈には、大振り袖(袖丈114センチ前後) 中振袖(袖丈100センチ)小振袖(袖丈85センチ)があります。袖丈の長い振袖は、花嫁衣裳の打掛にも見られます。
今回の振袖は、柄合わせが上前から下前までの裾全体と背はもちろんで、袖付は右後ろと左前のみでした。柄合わせとしては、比較的、楽にできる方でした。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25