着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て事例

着物仕立て着物仕立て事例一覧

お仕立て事例 - 和田光正の訪問着

訪問着は準礼装の着物で、未婚の方は振袖の次に華やかな着物で、既婚者にとっては、最も華やかに着用できる着物になります。この訪問着の文様配置は、今、主流の絵羽文様で、最初に生地を採寸通りに裁ち、仮縫いし。そこに絵羽図化し、再び、解いて、柄付け作業を行い、帯の上にも下にも柄があり、すべてが縫い目を跨いで繋がっています。これが附下との最大の違いでもあります。柄を全て合わせなければ、仕立て出来ないので寸法を見て、一番きれいに柄が合う様にするには、まず、上前の衽の柄合わせから、始めて掛け衿の柄合わせまであるので、仕立て上げるまでに時間の掛かる着物です。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25