着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て事例

着物仕立て着物仕立て事例一覧

お仕立て事例 - 寛文小袖文様風訪問着

文様の配置が江戸時代の寛文年刊に流行った『寛文小袖配置の訪問着』みたいです。地色は紺青色(コンジョウイロ)で紫がかった濃い青に文様は昔の庶民の家の庭の垣根と植物で描いた草花文様です。垣根に秋真っ盛りの秋草(桔梗・萩・撫子・薄・女郎花・葛・藤袴)に葡萄が描かれています。着物の柄付けは背、脇、衽、衿、袖、と全ての縫いで、小さな模様が、一つの絵になる様に描かれています。この雰囲気を壊さない様に、お客様の寸法に仕立て上げます。今回のこのお客様は、背が高く、スマートで、裄の長い方です。なので、柄合わせにひと工夫必要です。背・衽・衿元は柄がキッチリと合わさる様に寸法を考慮して、出来上がり位置を決め仕立て上げます。写真では見えないですが、別布を用意し、化粧衿も手縫いして、取り付けて、豪華さをアップしています。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25